WAGRI WebAPI

『 WAGRIWebAPI 』 は、
内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム( SIP) 」で国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と共同研究開発した、水稲・小麦・大豆の生育予測情報を WAGRI (農研機構・農業データ連携基盤)を経由して提供するサービスです。

 WAGRI で提供されている様々な API サービスと共に一元的にデータを取得することにより、情報生成に必要なシステム構築やデータ取得にかかるコスト・時間を削減することができます。
   
生育予測情報の概要
・SIPで開発し農研機構が運用する栽培管理支援システムと同じモデルを使用。
・農研機構が開発した1㎞メッシュ農業気象データを使用し、全国を対象に毎日情報更新
WebAPIを利用するメリット
・プログラムにより多地点の情報取得の自動化が可能です。
・システム開発、システム運用の負担が軽減されます。
使用方法、出力
・GET形式(URLにパラメータ付与)、JSONP形式 の2つの形式をサポートします。
・情報の種類、情報提供する位置(緯度経度)、品種等を指定するリクエスト文を送ります。
・リクエストに応じた情報をJSON形式で返します。
現在提供しているWebAPIの種類と今後の追加
・水稲発育予測
・水稲最適窒素追肥量診断
・水稲収穫適期診断
・大豆発育予測
・小麦発育予測

 

詳細はお問い合わせください。

※WAGRI生育予測情報は、SIPで開発し農研機構が運用する「栽培管理支援システム」で評価し農研機構と利用契約の元公開しています。