360°全球プロジェクションシステム-OmniGlobe-

CG処理した動画を映写する360°球体ディスプレイ装置
 
   OmniGlobe「オムニグローブ」

 OmniGlobeは、360°の球体スクリーンに専用ソフトウェアでCG処理した画像を映写する全く新しいタイプのディスプレイ装置です。映写する画像は世界地図をはじめ、様々なデータが可能で、例えば6億年前の太古から現代までの全世界の大陸移動をリアルなアニメーション影像で見せたり、或いはスペースシャトルから見たような自然の地球の姿や、または自然環境の変化、太陽や太陽系の惑星、月などを直径1.5m/2mの迫力ある360°スクリーンに映し出します。

 博物館などでの展示、或いは教育目的にもご利用頂けます。

製造元:ARC Science Simulations.(米国)

※米倉山太陽光発電所PR施設「ゆめソーラー館やまなし」に展示されています。

製品仕様
  32" OmniGlobe 48"omniGlobe 60"omniGlobe
スクリーン直径 80cm 1.2m 1.5m
プロジェクター内蔵ベース直径 58cm 78cm 78cm
高さ(床上) 2.0m 2.2m 2.35m
プロジェクター CanonLaser WUX 1920×1200 Dual WUX 1920×1200 Dual WUX 1920×1200
 -明るさ(ANSIルーメン) 7,000 14,000 14,000
 -スクリーン照度(Lux) 1,698 1,900 1,226
 -スクリーン解像度(pixcel) 1,131,000 2,895,290 2,895,290
 -投射方式 LCOS LCOS LCOS
 -消費電力(W) 540 1,080 1,080
重量(kg) 63 122 136
映写時間(時間) 2,000 2,000 2,000
 
表示編集は、付属のソフトウェア「OmniExplorer」
■タッチパネルによる操作
■緯度経度比1:2の画像を球面投影用に変換する機能
■解説用グラフィックス画面作成機能
■文字挿入機能
■音声付画像ファイル利用可能
■スライドショー表示機能
■動画表示機能
■MicrosoftWindows対応
 
 
 
その他詳細は、近日公開いたしますのでしばらくお待ちください。