そのほか

システム開発

  システムの内容 利用顧客
東アジア黄砂発生モニタリングシステム
高頻度観測衛星センサTERRA/MODISのデータをNASAからダウンロードし、黄砂の発生に関連するオリジナルプロダクトを生成してHPで公開する全自動システム
国立大学
気象データ自動収集システム 太陽光発電と3G電話回線を利用し、AC電源および有線ネットワーク環境が無い場所でも気象観測を行い、そのデータから気温や植物の開花日などを自動推定するシステム
国立研究開発法人
栽培履歴簿データベースシステム
水稲生産者が提出した栽培履歴簿シートを、Webブラウザ上から入力・閲覧・管理できるシステム 農業協同組合
MODIS全球処理システム
高頻度観測衛星センサTERRA/MODISの全球データをNASAからダウンロードし、全球の反射率プロダクト、NDVIプロダクトを全自動で作成するシステム 国立大学
衛星データ活用建物情報作成データベースシステム
該当エリア内の建物情報の登録/検索機能などを一元的に管理するシステム
国立研究開発法人
人工衛星による海上流出油自動認識システム
衛星の合成開口レーダ(SAR)を利用し、海上での油濁事故時の流出域を自動認識するアルゴリズムを開発し、その結果をデータベース化したWeb上で閲覧できるシステム
石油関連団体

 

夜間画像提供サービス -SuomiNPP衛星-

2011年に打ち上げられたNASAのSuomiNPP衛星に搭載されたVIIRSセンサは地上分解能750mで夜間の自然光/人工光を捉えることができます。
林野火災や地震発生域の早期発見の災害モニタリングや、エネルギー電力消費量の推定などの環境モニタリング、海上の集魚灯から出漁船数の推定、夜間不審光の察知などの安全保障などに利用することができます。 

SPOT VEGETATION NDVI 10-day MVC NRF処理データセット

  • 自社開発したノイズ処理アルゴリズム(NRF)を用い、SPOT/VEGETATION NDVI 10-day MVC(Maximum Value Composite)時系列データから雲の影響を除去したデータセットです。年間を通して植生の状態変化がスムースな曲線で表現され、ピクセル毎にフェノロジー(生物季節)を抽出することが可能です。多年度処理データは平年的なフェノロジー、単年処理データは年別の特徴を反映したフェノロジーが得られます。

360°全球プロジェクションシステム-OmniGlobe-

-CG処理した動画を映写する360°球体ディスプレイ装置-
直径1.5~2mの地球儀で、内部から様々な画像(例えば、太古から現代までの大陸移動のアニメーションなど)を360°で映写し、よりリアルな地球の姿を再現します。博物館などでの展示、或いは教育目的にもご利用頂けます。

※米倉山太陽光発電所PR施設「ゆめソーラー館やまなし」に展示されています。

小型無人機搭載用撮像装置 -Milvus-I system-

Milvus-I System(小型無人機搭載用撮像装置)は、小型無人機(セスナ機、ラジコンヘリコプター、飛行船などの空中移動体)に搭載し、特定の地域をタイムリーに撮影するための装置です。付属のソフトウェア「AirPhotoNavi」のオーバラップ率計算機能により、最適な飛行条件、撮影条件の決定をサポートし、飛行コースを可視化するフライトラインのKMLファイルを作成することができます。また、撮影条件に合わせて自動的に撮影を行い、GPSログ保存、パラメータファイル作成、モザイク画像作成ができます。

ARC 全世界衛星画像集

  • ARC全世界衛星画像集は、米国ARC社の製作によるNOAA/AVHRRデータをベースに、モザイク、グローバルデータセット化したもので、全球の雲なし・雲あり画像を1画素あたり1.1kmから32kmまでの解像度でご提供いたします。また、オプションでDMSP/OLSや海底レリーフなどを合成したものが用意されています。